2024年1月29日月曜日

2024年安全祈願

 みなさん、こんにちは!


1月20日(土)に永井組と永井組協力会役員合同で、

前橋東照宮にて安全祈願を行いました。




昨年を無事に過ごせたことへの感謝と、

今年1年を健康安全に過ごせるよう祈願しました。



また、コロナ禍で中止していた、

安全祈願後に毎年恒例となっていた新年会ですが、

前橋商工会議所にて3年ぶりの開催となりました。










私は入社して初めての新年会でしたので各テーブルを廻り、

みなさんと楽しく談笑させて頂きました。


本年も充実した一年になるようご祈念しつつ、

みなさんとの交流の時間に癒やされた新年会参加となりました。














今年は辰年です。

辰のように力強く昇っていける年になるように、

永井組社員一同、精一杯頑張りたいと思いますので、宜しくお願い致します。


それではご安全に!

2024年1月5日金曜日

新年のご挨拶

謹んで新年のご挨拶を申し上げると共に、

令和6年能登半島地震により被災された皆様及びご関係者の皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

被災地の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


いつも弊社の公式ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

本年も永井組のことについて情報発信していきますので、

よろしくお願いいたします。


皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げるとともに、

本年も今後とも変わらぬご愛顧を賜わりますよう、

よろしくお願い申し上げます。







2023年12月28日木曜日

年末のご挨拶

こんにちは!


2023年も残りわずかとなりましたため、

年末のご挨拶をさせていただきます。

今年も一年、大変お世話になりました!


また、今年も弊社のHPやブログをご覧いただき、

ありがとうございました!


今年入社しブログの担当者になり、

皆様にブログを読んでいただき大変嬉しく思います!


来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それではよいお年をお迎えください!!


PS.正月飾りの準備も終わりました。







2023年12月7日木曜日

建設現場には動物の名前がいっぱい!

みなさん、こんにちは!

あっという間に12月になり今年もあとわずかです。

今年1年はどんな1年でしたか?


さて、今回は建設現場で使われている資材や名称に

動物の名前がよく使われているなと思ったので

どんな動物がいるのか調べてみました。


犬・・・犬走り(建物の軒下の外周部にコンクリートや玉砂利を敷いた部分)

    犬釘(電車の枕木にレールを固定するときに使う釘のこと)

猫・・・ネコ(手押し一輪台車)

    猫脚(家具やバスタブなどの脚の形状が上が広がり中がすぼまり平たく丸い脚)

猿・・・猿頬天井(猿の頬に似た竿縁(さおぶち)を使った天井のこと)

    猿梯子(2本のタテ棒に足がかりのヨコ棒を一定間隔で組み込んでいるはしご)

馬・・・ウマ(作業台や作業足場のこと)

虎・・・トラロープ(黒と黄の縞々ロープ)

狐・・・狐格子(木連格子とも呼ばれ、材と隙間が同じ寸法の格子)

蝶・・・蝶番(ドア、フタ等の可動部に使用される金物)

鶴・・・ツルハシ(かたい地面などを手作業で掘削する道具)

鴨・・・鴨居(引き戸の上部レール)

鳶・・・鳶職(高所で作業する職人さん!!)


などなど、まだほかにもたくさんありますが、

建設現場には動物がいっぱいですね。


現場でウマ取ってきてとか、ネコ持ってきてとか

言われても知らないと大変なことも・・・。


自分も総務として請求書を見たときに、

なんの資材かわかるようにまだまだ勉強しないとです。





2023年11月13日月曜日

2023年永井組協力会ゴルフコンペ開催

令和5年11月12日(日)に永井組協力会ゴルフコンペが

PGM富岡カントリークラブにて開催されました。


参加者は協力会会員様と永井組社員合わせて16名での

開催となりました。


天気にも恵まれ、参加いただいた会員の皆様と

ゴルフコンペを通して交流を図ることができ、

一同楽しんでおりました。














2023年10月24日火曜日

ユンボ?バックホー?ショベルカー?

みなさん、こんにちは!


私が5月に入社して半年が経とうとしてますが、

まだ建設業の専門用語などに苦戦しております。


その中で今回は掘削用建設機械の

油圧ショベルの名称について調べてみました。


油圧ショベルはユンボバックホーショベルカーなど

さまざまな名称で呼ばれておりますがショベルの種類や現場、

用途などによって呼び名が変わるケースが多いそうです。


ちなみに油圧ショベルとは運転室が付いた建設機械で、

エンジンとキャタピラーなどで自走します。

特徴は本体から伸びた、油圧シリンダーで作動する大きなアームで

先端にはさまざまな機能を持つショベルが付いています。


ちなみにこの「油圧ショベル」という名称は、

社団法人日本建設機械工業会が統一名称として提唱しているもので、

主に建設業界や流通などで呼ばれています。


それでは呼び方の違いですが、まずはユンボについてです。

ユンボはフランスの建機メーカーの商品名からきている呼び名で、

日本では技術提携した新三菱重工が国内で販売する際に

ユンボという名で販売しており、その名が広まったことで、

油圧ショベル=ユンボと呼ばれるようになりました。

現在では、レンタルのニッケン様の登録商標となっています。


次にバックホーについてです。

バックホーは行政用語として広く普及している呼び名です。

バックホーは油圧ショベルの中でも、

ショベルの作用面がオペレーター側に向かって引き寄せるように

作業できるタイプのものを指します。

地表より下部の掘削作業に適しています。


最後にショベルカーについてです。

ショベルカーという呼び名は、業界にとどまらず一般的に呼ばれている名称です。

テレビや新聞などマスコミでも広く使用しているため、

一般的にしようされるようになりました。

報道機関などでユンボなど、ほかの名称を使用することを避けるために

使われるようになった呼称が、ショベルカーです。


以上で呼び名の違いや経緯などがわかりましたが、

人や現場によって呼び名が変わってくることがありそうなので

注意が必要ですね。





2023年10月16日月曜日

お酒を飲んでなくてもアルコール検出!?

みなさん、こんにちは!


ブログでも以前お伝えした通り、

10月よりアルコールチェックを始業前と終業後に始めましたが、

お酒を飲んでなくてもアルコールチェッカーが

反応してしまうことがあるのをご存じですか?


今回はアルコールが検出される食べ物及び、

アルコール検査に引っかからない対策を調べました。


アルコール検査に引っかからないことは重要ですが、

何よりアルコールの影響によって事故を起こさないためにも

こうした対策はしっかりしておきましょう。


まず、発酵食品全般で発酵食品を作る過程において

アルコール発酵を行っているためです。

下記の発酵食品はアルコールが検出する

可能性があるため注意しましょう。

パン・みそ汁・キムチ・炭酸飲料・乳酸飲料

果実飲料・栄養ドリンク・ノンアルコールビールなど


他には歯磨き等口内ケアにも注意しましょう。

下記のものについても生成過程において

アルコールを使用しているため注意が必要です。

歯磨き粉・マウスウォッシュ・ミント味のガムなど


さて口に入れる際に注意すべきものはわかりましたが、

しかしこれらをうっかり口にいれた後、

運転する際にはどうすればよいでしょうか。


その場合、しっかりと真水でうがいすることです。

アルコール検査器の注意事項にもありますが、

検査前には口内を清潔にすることが大切です。

しっかりとうがいをして可能ならば飲食後時間を置いた後

チェックをするとよいとのことです。


口内に食べかすなどが残っているとセンサーが

正しく測定できない場合もあるため

なおさらうがいはしたほうがよさそうです。


過去の事例では市営バスの運転手が

アルコール検査に引っかかり懲戒処分となりました。

驚くべきことにこの運転手はアルコール飲料を飲んでいません。

その原因が出勤途中に車内で食べた蒸しパンだったということも・・・。


これから年末にかけては飲み会が増えるシーズンです。

お酒はもちろん翌日に残らないよう注意して飲む必要がありますが、

お酒以外にも運転前に飲食する際には注意しましょう。